芸能人も愛用のシミトリーが限定価格で26%OFF
詳細はこちら

シミトリーとシミウスはどっちがいい?5つの違いで徹底解説

シミトリーとシミウスは名前が似ていることもありよく比較されるオールインワンジェルです。

ただ、両方使ってみると全く別ものであることがわかります。

結論としてはシミトリーの方が圧倒的におすすめなのですが、なぜおすすめなのか違いをお伝えしていきます。

シミトリーとシミウスはどっちがいい?5つの違いで徹底解説

シミトリーとシミウスの成分の違い

シミトリーの注目成分シミウスの注目成分
アルブチン(有効成分)プラセンタ(有効成分)
フラバンジェノールグリチルリチン酸時カリウム(有効成分)
ビタミンC誘導体(2種類)
ヒト型セラミド

シミトリーとシミウスの成分を比較するとシミ予防の有効成分だけで見ると幅広い作用を持つプラセンタを含んでいるシミウスの方が良いと考えられます。

ただ、総合的に見るとシミ予防には保湿力も重要です。

シミウスには目立った保湿成分はありませんが、シミトリーには保湿成分の最高峰であるヒト型セラミドが含まれています。

また、他にもフラバンジェノールやビタミンC誘導体など総合力が高い成分構成です。

そのため、全体的な成分構成で見るとシミトリーの方がおすすめです。

シミトリーの方が成分の総合力が高い。

シミトリーとシミウスの安全性の違い

安全面ではシミウスよりシミトリーの方がおすすめです。

理由は、シミウスには肌には不要なエタノールや合成着色料が含まれているからです。

また、最近では安全面から使用が減っているPGという保湿剤も含まれています。

それに対し、シミトリー特に不要な成分はなく、敏感肌の方にも刺激になりにくい処方を採用しています。

シミトリーとシミウスの使用感の違い

シミトリーの使用感はさっぱり使えるけどしっとり潤う。

シミウスの使用感はこってり全体を覆うような感じです。

シミトリーもシミウスもモロモロが出たり、ベタつきが気になったり、香りがキツかったりといった面では問題ありません。

使用感に関しては好みでどちらがいいか分かれるところだと思います。

シミトリーとシミウスがどのような方に合うかの違い

シミトリーは乾燥小ジワへの効能評価試験をしていて、効果が認められています。

他にも保湿力やメラニンの抑制など試験での効果が公式サイトに明記されているので、確かな効果を求めたい方に合います。

一方で、シミウスは抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれているので、ニキビなどでお肌の炎症がある方には合います。

また、シミウスはテクスチャーがこってりめで伸びがいいので、マッサージジェルとしても使いたい方のニーズに合うように作られています。

シミトリーは乾燥小ジワが気になる方。シミトリーはニキビが気になる方に合う。

シミトリーとシミウスの価格の違い

シミトリーシミウス
容量60g60g
初回価格3,980円(税込)4,099円(税込)
2回〜価格4,299円(税込)5,122円(税込)
返金保証14日30日
定期縛りなしなし

シミトリーとシミウスを価格面で比較するとシミトリーの方が安くコスパがいいです。

シミトリーとシミウスはどっちがいいのかのまとめ

シミトリーとシミウスではどちらがいいのか箇条書きでまとめたものがこちらです。

シミトリーがおすすめな方

  • 効果が試験で明示されてるものがいい
  • 成分が総合力が重要
  • 安全性を重視したい
  • さっぱりめがいい
  • 乾燥小ジワが気になる

シミトリーにする

シミウスがおすすめな方

  • マッサージジェルとしても使いたい
  • プラセンタを重視したい
  • 安全面は気にしない
  • こってりめのテクスチャーが好き
  • マッサージジェルとしても使いたい

シミウスにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました